FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年小麦(収穫編)

またしても「小麦の収穫は書いたんか?」と何度か云われており、今更ですが梅雨頃を回顧して…

そうそう、前回はここまで↓でした
http://taketantuu.blog119.fc2.com/blog-entry-871.html

さて、5月8日:まだ青々としてます
IMG_5426-1_20170821151421731.jpg

5月25日:ようやく色づき始めました(この写真は地粉(右:白い方)からのアングル)
IMG_5488-1.jpg

5月25日同日:夕方、良く見ると強風で倒れた箇所発見。今年は土寄せをしなかった事が原因か?
IMG_5489-1.jpg
どうすることもできないので、ほっておきます(これ以上ひどくならないことは祈りました むふ)。

5月27日:晴れた日は小麦畑がとてもきれいです
IMG_5500-1.jpg

5月30日:どうも獣が中に入っている感じがあるので被害はほとんど無いけど今のうちに対策。
網をコの字に張り(50mで足りなかった)開いていて心配な(入られそうな)方角にはトタンを立てた
IMG_5511-1.jpg
功を奏し、この後全く近づかれた様子は無し。来年は電柵をしよう!(昨年も実行しなかったが…)

そろそろ、梅雨入りしそうな雨が降る予報がでている(今年は6月5日に九州梅雨入りだった)。

6月5日:もう少し置いておきたいけど(2〜3日熟したいようにも思うけど)刈り取り決行。
IMG_5525-1.jpg
収穫〜 バインダー(結束機)にて刈り取った束を、ハーベスタにかけて茎から粒を外す作業(こういう機械で近所の人が指を挟んで大けがしてる…だから農機具を使うのは怖いのだ)
IMG_5527-1.jpg
これも何度も腰を曲げて束を拾って、集めて、まとめてって結構しんどい。
IMG_5529-1.jpg
でも時間との勝負。夕方になってしまう、焦る(近所の人が通りかかり助っ人してくれる、有り難い♪)
IMG_5530-1.jpg
で、すぐに干す。生しくて袋にいれたままにすると、煮えてしまうから
暫定的に、ブルーシートに広げる。
IMG_5531-1.jpg
収穫ホヤホヤの小麦、粒が大きくて良い出来、相棒自画自賛(夾雑物は最終的に”とおみ”で飛ばす)

17時から乾し始め夜露がおりるので19時には片付けた
(通りかかった近所の方がムシロを貸してくれるという。すぐに取りにおいで、とのことで相棒、軽トラに10枚のせて戻る)
収穫作業は、10時半から始め(朝露が付いていると機械に絡まるのでサラサラするのを待っての開始)19時半に片付け終わりようやく終了。お疲れペロペロ

翌朝、早朝よりムシロ作戦。昨晩、袋に入れた小麦をムシロに広げていく。これもかなり腰に負担。
1〜2時間おきに上下をかえる(かき回す?)。雨がポツポツ来ると、大慌てで袋にしまう
たいして降らずにやんでしまえば、再び広げるぅーーー涙

翌日、大雨が降る前に、一晩放り投げておいた”麦わら”を屋根の下にしまう。

6月8日:そして乾くまで(手で握ってさらさらと落ちるくらい)毎日干す!何日干したかは忘れた
IMG_5542-1.jpg
大変です。意外と重労働です。ムシロも毎度、しまう度、重いです、トホホなのです
IMG_5543-1.jpg
写真が無いのですが、雨が降り出した時に一挙に片づけられないので、ムシロ6枚は軒下で乾しました

地面からの湿気(驚くほど多い)を防ぐためムシロの下にブルーシートを敷きました、
むしろの威力はすばらしく、良く乾きました。
特にブルーシートは湿気で濡れた地面側、べちゃべちゃで難儀します

結果:
強力粉(南の香り・ミナミノカオリ)85kg、
薄力粉のような中力粉?(地粉)30kg
※昨年より粒が大きかったが、収量はもうひとつ伸びなかった。
原因は、種まき時、覆土を正確に行わなかったことによる、鳥害(鳩およびカラスに種を食べられた)が大きい。

さて今秋から大麦を植えたいと思案中。種と圃場の確保をしなければ!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。