FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年田んぼ(初挑戦の苗作り〜田植えまで)

苗半分と云われるように『苗が良ければ、ほぼ収穫は保証されたようなものだ』ということを、つくづくいつも思い知らされる。

今年は急に田んぼを増やしたこともあって、苗を自分達で育ててみよう!ということになった。
道具一式は、毎年、苗を作っていただいているGさんよりお借りしたり、いただいたりした。

まずは温湯消毒(4月27日)
ホームかまど2台でお湯を沸かす。特に1台はぐらぐら沸かす。
60度に10分浸す。60度を保つため、「温度計をさし確認しながら、温度が下がりそうになったら足し湯する」を繰り返す。
IMG_5354-1.jpg
1袋に1kg強×2袋、うるちの種を入れている。

10分経過後、バケツに用意していた水に浸し、さらに流水で温度を下げる。
水に浸した状態で1週間、催芽をうながす。
2日目、水が濁ってくるので、水を交換する。翌日以降毎日行う。

播種しやすいように、乾かす(5月3日)
IMG_5378-1.jpg
2時間ほどで乾いた。

早速、無菌の土(これもいただいたもの)を入れ表面を平ら(重要)にした苗箱に種をまく。
IMG_5380-1.jpg
種は200gずつ、手で均等にまく(10箱つくる)
種が多かったのか、結果的に300g近くまき、土が見えないくらいに蒔くことができた。
さらに無菌土をかぶせる。

家の前につくった、苗床に並べる(床も平らにすることが重要)、均等にたっぷりと水をかける!
IMG_5383-1.jpg
※平らにすることはとても重要で、水が均等に行き渡らないと、発育にムラができる。

種・土が乾かないように不織布をかぶせる。
IMG_5384-1.jpg
温度上げて、湿度を保てるようにビニールをトンネルしてかける
IMG_5385-1.jpg
アーチは交互にして風等でビニールが飛ばないようにしっかり固定する。
ビニールの周りも周辺の泥をのせて、中に空気が入ったりしないように注意する。

これから苗の成長を確認しつつ、20日間育てる。
IMG_5424-1.jpg
※「苗20日」というのでそのつもりだったが、少なくとも25日は育て方が大きくてしっかりすることが後に解る。

土が乾いてしまう前に、家からの浸み水を水路伝いに入れる(5月8日)
IMG_5425-1.jpg
5月11日の様子 
IMG_5435-1.jpg
おーつんつん出てきている。見た目良い感じ♪
IMG_5436-1.jpg
5月13日 毎日どうなってるか見たいのだ
IMG_5444-1.jpg
温度が下がるからあんまり見るなと相棒からいわれる…

5月14日 曇り空の時に数時間ビニールをはいで太陽に慣れてもらう
IMG_5453-1.jpg
ビニールをとる度、じょうろで10枚に20リットルほど水やりを行う。

5月17日 毎日、数時間太陽の光をあてては、夜寒さに当たらないようにビニールを厳重にかける。
IMG_5465-1.jpg
土の平らさがかなり曖昧だったわりに、割合均等に苗は育ってくれている感じ(周囲ぐるりがビニールに近すぎて悪かった)。
茎もしっかりしてきた。
IMG_5466-1.jpg
5月25日の様子 3日から始めて22日経過、この苗で植える。
IMG_5482-1.jpg
2段目(餅米の下の段)3段目に植えた!
IMG_5492-1.jpg
かなり、心細い苗なのであった
IMG_5493-1.jpg

5月21日Gさんところの苗にて、5月25日初挑戦の苗にて田植えを行った。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。