FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月5日の豪雨

もうブログは辞めたんか?的なことを云われたので、辞めようかなと悩んでいたけど、そこはアマノジャク…

先日の豪雨、方々からご心配いただき申し訳なく。
なんだか災害続きで、もしかして相当やぼい所に移住したみたいになってる?でも家は尾根にあるし、川も山も近くないので、大丈夫でし。
でも精米所の方では、少し被害があったのです。

精米所の前を流れる、動力となる水を提供してくれている、いつもはおとなしいそろそろ川。
IMG_5602-1.jpg
一晩中雷と雨が続いたので、雨が小康状態になった翌朝、精米所の様子を見にいく。
あと1メートル程は水位が高かったとそうだが、どうも大丈夫だったようだ。木がかかっているところは沈下橋。右奥が精米所。

今度は堰を見に行く。すると結構な流れ、ちと恐ろしい。
IMG_5604-1.jpg
外して水路の上に置いていたサブタ(堰に差し水位を確保する板)が、水が上がった際に流されてしまった。
これにはガッカリ。6センチ程の厚みがある板で作っていたのに…。
材料は先代が持っていた材木から利用させてもらえたので、流された2枚を作った。

被害はこれだけにとどまらず、精米所の中にまで…
IMG_5606-1.jpg
これは人災によるところがあるのだけど…
川から引き込み水路を通って来た水は、精米等で使用しないときにはタービン直前で川に戻しているが、タービンが錆び付くのが心配な先代は少しだけ水をタービンに送っている。そして閉じた堰に木片やら土砂等が引っかかり、詰まって水路より低い場所にある精米所まで流れ込んでしまったのだ。

精米機の昇降機に土砂が入ってしまったので掃除をして、空回しで乾かして、我らのくず米で試運転をし、食してみて大丈夫な事を確認して次の営業日から引き受けることができました。

堰に木片等が詰まるまでの間、水路には大量?!の土砂が流入していたのでスコップで出しました。
しだいに木片等で詰まり水路に水が来なくなったため生息している魚が数匹死んでしまってました。
IMG_5605-1.jpg
少しは水のある場所で懸命に生き延びている集団
IMG_5620-1.jpg
「どんこ」なの?
IMG_5621-1.jpg
で、お決まりのタダ食材は「しじみ」
いっぱい生息していて、土砂さらいの際にたくさん混じってしまったので、いちいちそこから見つけて集めて3分の2は水路にリターン。
IMG_5623-1.jpg
残りは2日泥を吐かせてお味噌汁に♪なかなか良いおダシでございました。ごちそうさま
どんな作業も無駄にはしないぜぇ〜へっへっ〜


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。