FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年田んぼ(圃場作り)

昨年の話だが、
稲刈り脱穀後、雨が多く藁が乾かず、掛けたり、立てたり、寝かしたり、立て掛けたり…乾いたかな?と感じる分を少しずつ納屋にしまってはいたが、結局年が明けて堆肥を撒く段になって邪魔なので、草刈り機で裁断して田んぼにばらまくことにした。こんなことなら最初からそうしておけば良かった。次年度からは半分以上は、ばらまいて田んぼにお返しすることに決めた。
IMG_4888-1.jpg
「収穫後は藁をすぐに片付けること!」めちゃ苦労した。教訓だ−!喝だっ喝…

ようやく片付いたので、耕耘機にてただひたすら、まずは荒起こし。
IMG_5361-1.jpg
その後、土が細かくなるまで何往復もして、ひたすら丁寧にかき続ける相棒。ワタシにはまねできまへん(めんどくせぇ〜)。

低くて、水を入れると超えて漏れてしまった3段目の田んぼの畦。長いので『クワで作るのは大変だろう』と畦塗りマシーンで高い立派な畦を作ってくれた御方有り。
IMG_5359-1.jpg
大感謝なのよ〜♪そしてこれが「畦塗り機」
IMG_5355-1.jpg
田んぼを耕耘する前の方が上手く塗れたのだそうですが、問題なし。反対側がもろいから上に乗ると崩れるので歩行移動に困るけど、贅沢は言わない。

草刈りも相棒のお仕事♪耕作放棄の田んぼの畦には巨大な茅の株がはびこっており、アドレナリンMaxで切り倒しております
IMG_5414-1.jpg
よく働きます。「馬車馬のように働かされている」と愚痴りますが、意外とだらだら&休憩タイムが多かったりします。

水を入れたら、平らにする作業。
IMG_5417-1.jpg
近所のおっちゃんは「そりゃ〜奴隷の作業だ」といわれます…

田植えするまでも場所を整えるまでが、これまた大変なのだ。

ようやく5月14日餅米(香り米)田植え。30cm間隔で手植えします。
この周辺では1番早い田植えです
IMG_5451-1.jpg
2人で5時間もかかってなんとか植え終わり〜
IMG_5452-1.jpg
腰痛っ!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。