ホンダ初代フュージョン”エンジンがかからない”

  • Day:2017.04.06 17:08
  • Cat:生活
1年以上も前から『あげる』といわれていたバイクを先日引き取りに行ってきた。

ホンダのフュージョン250cc
『え〜そんなもらえないですよ〜』と言っていたのだが、数日前ばったり会って『取りおいで』と、またしても言ってもらったので、それならばと。
170kgもあるのでタイヤがついていても、荷台に載せるは結構大変で、なるべくラダーが水平になる場所で無事積み込み家に帰る
IMG_5257-1.jpg

ネットで車体番号から販売年・型式を調べると、なんと!初代であると判明…
HONDAのHPから1986年のニュースで詳細を確認↓
http://www.honda.co.jp/news/1986/2860411f.html
コンクリート敷の屋根囲い付き車庫の中で、毛布やらに厳重にくるまれて保管されていたバイクはかなりきれいで、そこまで古いとは思いもよらなかった…

何年か前まで乗っていたということで、不動車ではないハズ…
1. バッテリーは外してありすでに無かったので、電柵用に購入しているバッテリー(アンペアは大きいが)をブースターケーブルでつなぎ
2. ガソリンもエンプティでランプが点滅していたので3リットル超入れ
3. センタースタンドを立てて(サイドスタンドは上げて)
4. フットブレーキを踏みながら
5. セルスイッチをONにして
セルを押す!
「キュルキュルキュルキュルキュー」とはいうものの、エンジンが始動しない…。

1. メータランプやらウインカーとかは点灯してる
2. ヒューズも切れてないか確認した
3. プラグも抜いて見たけど問題ない
4. ホース類は劣化して交換の必要があるけど直接の原因ではない

でも、メータ類が点いた時にきこえるはずの『ジー』という電気が通ったよ〜みたいな音が聞こえない
タンク内のサビも気になるけど、相棒は関係ないというし…

どうも、タンクに入ったガソリンがエンジンに送られていない感じぃーー
動いてくれないと困るわ〜
置く場所無いし、不動のエリミも修理しなくてはならないのにぃ

誰か〜助けて〜どうすれば動くの???何が悪いの?教えてください

関連記事

Comment

はじめまして当方の知識で宜しければ参考にしてみて下さい。

まず燃料を全量抜く(キャブレター内も含む)

新しい燃料を給油

プラグを一旦外しパーツクリーナー等で洗浄して乾燥させた後取り付ける
(出来れば、600円前後と値段的にも安いのでプラグは新品に交換したほうがいいです。)

キュルキュルとセルでエンジンを回す
回す際にエンジン内で燃料の爆発音(初爆音)が聞こえるか、マフラーエンドから排気が出ているか確認しておく。

排気が出ていない場合はマフラーの詰まりを取り除き再度セルを回す。

プラグをはずして、燃料で濡れているかどうか確認

・濡れている場合
点火系が上手く作用していないのでプラグ、プラグコード、イグニッションコイルなどの故障を探っていく。
キャブレターのオートチョークの故障の可能性もあり
吸気のエアクリーナーが詰まり過ぎている可能性もあり

・濡れていない場合
燃料ラインが上手く燃料を運べていないので、キャブレターのジェット類、各ゴムホースの不良を探っていく。

みたいな感じで修理する箇所の優先順位をつけると楽ですよー。
初爆音が聞こえる場合は基本的なエンジンのサイクルは動いてますので
以外と簡単に良くなったりしますよ。

長期放置のバイクでよくあるのは
燃料の劣化
キャブレターの詰まり(タンク内のサビ流入など)
マフラーの詰まり(田舎だと蜂の巣とかあります(笑))
が上位を占めております。。。(^o^;)
取り敢えずキャブレターの分解洗浄とプラグの交換は、しておいて損は無いと思います。

頑張って修理してみてください!参考になれば幸いです。
  • 2017/04/06 23:40
  • 通りすがりの竹田市民
  • URL
通りすがりの竹田市民さま

さっそく詳しくご親切にコメントくださり、うれしい!です

今のところ初爆音聞こえず、揮発したガソリンの匂いもないのでホースから漏れているようでもないのですが、燃料が送られていないようなので、手順通りやってみて、キャブレターの清掃をし、ホースの不良疑ってみます。

息を吹き返してくれるまで、頑張ろうと思います。

有難うございまーす!
  • 2017/04/07 21:15
  • taketantuu
  • URL
Comment Form
公開設定