ブログ再開!

かなり長い間ブログから遠ざかっておりました。
普段通りの生活を送り、農閑期のまったりとした時間を楽しく過ごしていました。

先日(2月14日〜21日)は1週間ほど相棒の実家、大阪へ行き、都会生活はもはや出来ないと痛切に感じ帰ってきた次第です。
きれいな空と空気そして景色、ご近所さんとの会話、薪生活。どれもストレスの無い平和な暮らしです。

往路の長距離バスで痛めたのか、持病の腰痛が近年まれにみるほど辛く、昨日まで夜も寝返りの度に目を覚ます有様したが、ストレッチをまめに、背筋力アップの運動(といえる程のことではないけど)を続けてようやく、今朝から普通の痛み程度に回復し晴々した気分で、久々更新となったわけです。

帰ってきておもむろに始まったのは、薪づくり…
お隣さんが道路際の断崖絶壁?の上にある樹木を業者に伐採してもらったので、薪になる部分を我らが頂戴しました。
IMG_5108-1.jpg
たいした量では無いはずでしたが…

まずは家の庭に積んでいた木を玉切り、割って、積んで(←これ皆、相棒さんの働き。一輪車に積んで運ぶ作業だけ手伝ったワタシ)…。
IMG_0236-1.jpg

IMG_0238-1.jpg

それから伐採木を運びこみ…
IMG_0233-1.jpg

さらに、炭焼きクラブ「明治遊楽窯」さま、から上等なクヌギと炭をいただきまして
IMG_0235-1.jpg
↓売り物にしないという炭(奥に写っている樫の枝も、きれいに整えてもらって、お風呂用に使ったらイイとこれまでにも沢山いただき、有り難く使わせてもらってま〜す)
IMG_5119-1.jpg

伐採木の中から↓炭焼き1回分になりそうな量の樫(かし)があったので、炭焼きにいかがですかと聞いてみましたが忙しくて時間をとれないとのことで、こちらもわれらの薪ストックになります(積む場所はあるのかなぁ〜)
IMG_0234-1.jpg

これらの薪はしっかり2〜3年乾燥した後、燃料となって安泰な薪生活を約束してくれるのです。
他に薪を奪い合う競争相手も無く、有り難い限りです。
なにしろ暖房・お風呂・調理の燃料を購入せずにもらえるのですから。ヒッヒッー

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定