FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無加温カボス出荷〜選果場へ

月曜までに加温ハウスを終わらせ、今日から無加温ハウスでのカボス摘みが始まりました。
こちらもかなり大きくなって採り頃のM・Lサイズばかりになってます。
IMG_4090-1.jpg
でも、カボスが出荷出来るかどうかの判断は大きさではなく、果汁の出る割合を検査し17%以上(20%以上だったかも)なら出荷可となるのです。
IMG_4089-1.jpg
7月を前に農協の担当者がハウス内の数箇所からカボスを摘んで果汁検査に来たとのこと。
検査結果は26%で出荷OK。堅そうなのもありますが、お酢みつきで酢出まっせ〜ぶふ

で、まだ閑散とした(路地カボスが始まっていないから)竹田のかぼす選果場へ選果の様子を見学しに、連れて行ってもらいました。
共同選果いわゆる?共選(きょうせん)は7月に入って動き始めました。
加温カボスの時は竹田市内でも2つの農家だけなので、共選が稼働していなかったので、親方が自身で仕分けから箱詰めまで行っていました。
IMG_4100-1.jpg
まずは、コンテナに入ったカボスが左側に投入されると、回転ローラーで少しずつ上に上がって来て、黒いマットが付いた回転ローラーがカボスをきれいに拭き上げていきます。
IMG_4093-1.jpg
きれいになったカボスは人の目によって「秀」「優」品以外のものをレーンから省いていきます。
傷のあるもの。葉の陰になっていて黄色くまだらになったものなど、「良」品が手で仕分けされます。
「良」品はネットに入ってスーパーなどの店頭に並ぶとのこと。
IMG_4094-1.jpg
さらにレーンを通過した「秀」「優」品はS・M・L・2Lの大きさごとにわけられ、この写真には写ってませんが一番最後に規格外の大きなサイズが落ちるようになっています。
この後、箱詰めされ「秀」「優」品は九州と東京の市場で料亭などが買い取ってくれるとのことです。
IMG_4097-1.jpg

市場にのせるということは、農家の商品づくりもさることながら、主力の特産品として売りたい様々な人の手が加わって、たいそうなことなのだなぁ〜と感じた次第です。

関連記事

コメント

毎日美味しくいただいてますよ
目玉カボスのGOODでした

2016/07/09 (Sat) 11:28 | まつ #- | URL | 編集

良かった〜♪
目玉はふざけが過ぎてご立腹されたらどうしましょかと思ったのですが…

2016/07/09 (Sat) 13:55 | taketantuu #- | URL | 編集

「ウヒヒッ」の意味が解って二人で大笑いしました

2016/07/11 (Mon) 10:21 | まつ #- | URL | 編集

最初は不気味な手紙だった訳ですね・・
笑ってもらえて、良かったわ〜

2016/07/11 (Mon) 22:02 | taketantuu #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。