タマムシの産卵

  • Day:2015.07.19 16:35
  • Cat:生物
昨日は、やっと?夏らしくなり太陽のもとで人間はすぐにへばる暑さ…。

待ってましたとばかりに、さまざまな虫たちが乱舞。
(2〜3日前の夜には、北側の窓にくっついて弱々しい光を放つ、小さなヘイケボタルを見ました)

中でも群を抜いて美しいタマムシ。
IMG_3094-1.jpg
すぐそばにハンミョウが居ても玉虫の美しさには勝てません。
ぶ〜ん、ぶ〜ん。と庭を飛び回り、時折人間にも近づいてきたり。
1匹を追っていたら、どうも2匹いる、いや数匹いる様子。
ずっーと見ていても飽きませんが、暑さで脳天がくらくらするので遠巻きに観察。

どうも、玉切りして薪割りの台として置いている樫(かし)の木に「産卵」しているようです。
IMG_3112-1.jpg

最初は「おしりをふりふり」何をしているのだろうと思ってましたが、適当な溝が見つかると立ち止まりおしりの先端の管を挿入しています。
IMG_3107-1.jpg
この木が気に入られたようで、4匹が木の表面をくまなくまわりながら全体に卵を産み付けておりました。
IMG_3105-1.jpg
あっちへゾロゾロ。こっちへイソイソ。良いとこは無いかしら〜♪
IMG_3104-1.jpg

他の薪用の木(クヌギ、ネムノキ)にも、別個体がウロウロしてました。
タマムシ大発生の年なのです。
お日様ギラギラの7月中旬、今年産んだ卵は2年後に出てくるらしい、来年もまた見られるかしらん。