迷信を信じる女

  • Day:2014.07.31 23:56
  • Cat:生活
『首から上に異変があったら、先祖の供養をしないとだめ。アタシ迷信を信じる女だから』
80歳にもなろうかというひとの言葉。かっちょイイ〜返す言葉もないぜぃ。

一昨日は、夜中2時位に相棒が足のくるぶしをムカデに刺された。
「足が熱い!」という相棒の言葉に飛び起きて、おもむろに氷を持って来て冷やす…。
それからネットで検索すると、
ムカデに刺されたら、まず火傷しないくらいのお湯で患部を温める。
すると皮膚に付着したムカデの成分が熱で溶けやすくなるので、シャンプーなどで洗い流す。
これが一番イイらしいので、1分程冷やしてしまったが、ヤカンで沸かした湯をタライに入れて患部を温める。
5分程でいいらしいが、途中熱い湯を追加しつつ10分以上浸けていた。
その後、数時間(3時間程らしい)体中がチクチクして患部も痛かったとのことだが、翌昼にはほぼ完治。

さらに、その日の夕刻、草刈時にスネの内側に石が当たって負傷。

そのうえ昨日は、今度はワタシが突然、腰が痛くなり歩くのもしんどくなった。


台風接近で昨日から久しぶりの雨。
ここのところ毎日、精米所で作業。
今日はついてないことに、配達直前に車のタイヤがパンクしていることに気付く。
タイヤの側面にクギが刺さっていた…。

そんなこんなで『足周りに異変が起こるのは、なんの供養が必要ですか?』と聞いておけば良かった…。

言葉はおもしろい。

極めつけは、
『社会貢献はほどほどにしなさい』
90歳をゆうに越したひとからの一言。
当分忘れられないだろうなぁ。