自然薯栽培しませんか?

先週の日曜日、自然薯栽培をしている方のお手伝いということで二人で出かけた。

自然薯の作り方は企業秘密なところが結構あるようなので全ては公開できませぬが、まずは圃場。
IMG_1563.jpg
相当な広さ、長さです…。

で、ハの字に並んでいるのが種芋。
IMG_1544.jpg
右端の方に白く見えているところから芽が伸びてくる。
種芋は常に乾かないように扱い、芽が出る方を少し高くして土を被せる。

雑草予防の為シートで覆い、数日経つと芽が伸びてきてシートを持ち上げる。
IMG_1564.jpg
赤丸の真ん中にある筋がわずかに盛り上がってくるので(これが芋の芽である蔓)シートをハサミで少し破り芽を外に出してあげる。
IMG_1566.jpg
この作業もなかなか難しい。他の草でも盛り上がって同じように見えたり、シートの切り目からそっと出す際にポキッと折ってしまったりする…。
IMG_1567.jpg
こうして自然薯のツルは絡みつく所を探し回って不気味にニョロニョロと動きまわる。
この後の作業は後日教えてもらうことになっている。

まだ序段だが、自然薯栽培、モノになれば大きいがかなり難しそう。奥が深い。
野菜も思い通りにはならないけど、動物のように動き回る”つる”や芋の旺盛さには想定以上の動きがあるようで一筋縄ではいかないみたい。教えていただいた方もこの道10年、均一な商品価値のあるモノが出来るようになったとのこと。

さて、
お手伝いのハズだったのが、我らが手伝った1列をくださるという話に…。
その方の教え通りにつくれば、相当な金額になるモノができるという。
もちろん出来ればの話(自然が相手ですし〜、イノシシも狙ってます!)売り先が見つかって、さらに言えば「売れれば」の話。
IMG_1545.jpg
作業が終わって奥様が励ましの言葉を書いてくれてます。自分達の責任を認識。

いつもは皮算用なワタシですが、作物系は未知なので、実際のところは食い気先行です。
なぜなら今まで食べたことのある「粘り系芋」の中で一番おいしいことを知ってしまったから♪

その日の帰りにお土産に持たせてもらった自然薯を、帰って早速御夕飯時にいただいてみました。
冷凍保存されていたものを自然解凍しました。
IMG_1546.jpg
まず自然薯をすり鉢に入れて、次にだし醤油を少量入れて、グリグリしていくと、
IMG_1547.jpg
ある瞬間から完全に別物だった汁と芋が一体化します。
IMG_1548.jpg
これを私はごはんにのせていただきました。
なめらか〜な食感、クリーミーと表現した方がぴったりかもしれないです。そのうえ切れも良く食べやすい。

食べてみて、こりゃー美味、高級だわと解ったわけです。
元気になるとか肌にイイとかホルモンの分泌を促すとかデンプンの消火を助けるとか体にもかなりイイみたい。常食できればなんでしょうけど…。なんせ高級品ですから。

で、おいしくて体にイイものが食べ放題!?になるかもぉ〜って思ってるのです。うふ

真剣に自然薯栽培をしてみたいと思う方を募集しております。
田舎暮らしをしたい若い方、住まい、農機具、農地、ノウハウも伝授してくれるそうです。
いかがですか!ご連絡お待ちしております。