インゲンの初収穫

「インゲン」が立派に育ってたくさん実?がついています。

このインゲンは「熊本インゲン」という品種とのことで、農場主さんがくれたものです。
平らなさやで(一般的なインゲンは断面が円形だと思いますが…)、モロッコインゲンという平べったくてつやのない「さやえんどう」を大きくしたような野菜がありますが、あれの7割くらいの大きさのインゲンです。

熊本ではポピュラーなようですが、私達ははじめて食べると思います。
ingen01.jpg
写真はごく普通のインゲンのようにしか見えませんね。
熊本インゲンの正体を知らなかったので、平たくて大きいのは出来過ぎだと勘違いして、普通のインゲンっぽい写真を撮ってしまいました。


実はあんまり期待していなかったのですが、食べてみるとおいしい!
今日はごま油で塩煎りにしました。
ingen02.jpg

香りも味もしっかりあって、甘みも感じます。
みずみずしくて、皮も比較的やわらかくて、繊維が多くて野菜を食べてるって感じします!

無農薬手作り野菜を食べるようになって、野菜の形や色や香りなどをよく観察するようになりました。

やっぱり当たり前ですが、無農薬の野菜には虫食いがあったり虫がいたりします。
今までナスの中に幼虫が入っていたなんて経験は一度もありませんでしたが、昨日収穫して食べたナスの中に元気な幼虫が一生懸命ナスを食べていました。虫は好きでは無いですが、仮にその幼虫を気づかずに食べてしまっても別にいいかなと思うようになりました(だって人間が食べる茄子だけ食べて育っているのです)。

それに農薬とは関係がないと思いますが、大きさや形が揃ったクローンのような野菜が今ではとても不思議に思えます(これに関しては管理が悪いからまばらなだけだと思いますが、見事なまでに皆サイズがバラバラです)。

とにかく、新鮮で安心な野菜を食べることが出来るようになっただけでも本当に幸せなことです。
感謝してまーす!