神原真水は何者?

  • Day:2010.07.31 09:44
  • Cat:
昨日は祖母山登山の下見に登山道入口まで、暑さのピークを過ぎた夕方に出発しました。

家のそばの信号をやり過ごすと、あとは信号は1つもなく、よく整備された宮崎の高千穂に抜ける道は走りやすく、他に走る車もごくまばらで、30分も走れば登山道入口駐車場につくことが解りました。

さて、用意してきた空の2Lペットボトルに水を汲むべく、道路沿いにいくつか案内のあった「神原真水」を汲むことに決定!

道案内に従って進む。
民家の私道では?と思うほどあまりにも細い道なので、途中不安になり集落の人に尋ねると「つきあたりまで行けばある」とのこと。臆することなくずんずん進む。2度の民家の庭先突入があったもののなんとか発見!!

これぞ「神原真水(こうばるしんすい)」??
神原真水

な、なんと?
あふれ出る水を想像していただけに、かなりの衝撃!
おそるおそるコックをひねる。管の中に残っていた水が数滴チョロチョロ。
神原真水2

いろいろ試すも結局、水は出てこず!能書きも、説明書きもなく、近くに人もなく聞くことも出来ず。ガックリ…。

なんなんですか「神原真水」!ググっても解らず。なんでも『専門家の折り紙つきの名水』だとか…。
気になる…。リベンジ成るか?