大蛇現る!

  • Day:2016.08.23 14:29
  • Cat:生物
8月5日朝8時、精米所。

使用前の掃除をしようと精米機の米昇降機に掛けてあるブロワーを手に取る。
ブロワーに鳥糞のようなモノが、上から垂れて来ており、臭っ!紙で拭ったりしつつ…それにしては臭いなぁ〜…
ふと見上げると見慣れない物体…。次の瞬間「ギャーーーー!」と叫ぶ…。
IMG_4269-1.jpg
そして冷静に、まずはカメラに姿をおさめ、次に相棒に電話する(この日は相棒は朝6時から稲の電柵を張りに行っており、精米所へは一人で来ていたのだ)。でも電話には出ない。この興奮伝えたいのにぃ。
IMG_4271-1.jpg
この時とばかり近づけるだけ近づいて真剣に皮膚やらを観察しまくる…
IMG_4273-1.jpg
それにしても、かなり上物のドブネズミを喰らったのか、胴回りはパンパン。
ヒンヤリした鉄に全身を巻き付けて気持ちよさそうに寝ていた。
臭いのもとは、断末魔のネズミのうんPがブロワに飛んで来ていたのだろう・・・

タービンに水が入ってベルトが回り出そうが、真横にあるブロワーを取ろうが、意に介していないご様子。
それに比べ、ちょっとした音でも敏感に反応する、ビビリのワタシ。
大蛇殿がどちらに行かれるのか気が気でないのだ。

ほどなくして、相棒登場。詳細に説明し、右から左からジロジロ見ていたら、うっとおしいなぁと思ったのか大蛇殿、お目覚め。時折、頭を左右に動かし、ぬるーっと体勢を変える。
IMG_4283-1.jpg
ゆっくり、堂々とした動きで巣?に戻っていく。
IMG_4292-1.jpg
ところが、胴体がつかえて入れない。結局出てきて、しばらく消化を待つのか、巣の入口で休んでいた。
IMG_4293-1.jpg
そしていつの間にか姿を消していた。

精米所の守り神さまの姿を見ることができて、楽しい日だった!


ムシだらけ

  • Day:2016.07.09 15:08
  • Cat:生物
あきらかに人間に出会うより虫を見る方が多い日々…
雨が降れば涼しいけど、あがったら蒸し暑くてかないません。

唯一、軽トラのエアコンで文明を感じ(幸せ〜とか云いつつ)、人間をダメにする器械(エアコンを我が家ではそう呼んでます)導入も検討したくなる今日この頃。誰だこんなに地球を暑くしとるのは!

でも、虫たちは暑さが解るのか解らぬのか活発に動き回っており、今年もタマムシはぶーんぶーんと庭を飛び回ってます。

中でも関心しきりの【オトシブミ】
IMG_3881-1.jpg
葉(ブルーベリー)の軸だけ残してかみ切り、卵を産み付け器用にたたむ。
IMG_3882-1.jpg

今年はたくさん出そうな【カブトムシ】
IMG_3901-1.jpg
堆肥の中で冬眠中の時(5月末頃)。
同個体か解らないけど、何度か(も)起こしてしまい、その度に堆肥の中に戻したけど、そろそろ成虫になってるかな?
IMG_3900-1.jpg
一昨日、コクワガタのメスの成虫2匹が、腐った木の下でじっとしてしてたのを見つけたし、この暑さだからバリバリ活動してますわね。


【ゲンジボタルのメス】
IMG_4039-1.jpg
結構大きい。2cm以上あったように思うけど…。足やらはゴキとそっくりで実はキモイ。
お尻に蛍光ピンクと蛍光キイロの板みたいのがついてる。
黄色の方が発光器。オスは黄色が2段あって両方光るらしい。
これが、蛍光マーカーのピンクとキイロ?ホタルの光って書くのだから…それにしてもピンクは光らないみたいだけどね??

ちなみに、死ぬとピンク色はあせてしまうんですって…
玄関で靴の下に居たのを踏みつけたのはワタシデス。ワルイヒト

カメノコテントウムシ見っけ!

  • Day:2016.07.03 21:50
  • Cat:生物
かなり久し振りに畑の草むしりをした。
始めるとすぐに、ヤブ蚊にお尻やら太ももやら数箇所刺された…。うー
蒸し暑いのに、ズボンの上にさらに分厚いズボンを履いて、頭には黒い網を被って作業を続行。

ほんの少しの範囲しか草を制覇出来なかったけど、一応救出できたシシトウ・ピーマン・ナス、長ネギ、枝豆♪

そんな達成感の無い、虚しい闘いの中、テントウ虫の巨大盤が目に入った!
何々、この大きなテントウムシは!

家に戻って調べると「カメノコテントウムシ」という名前だということが判明。
IMG_4075-1.jpg
とっさに大きさが解るようにと、汚い手袋と並べて撮る。
人差し指の頭ほどもある。
写真では解らないけど、白い目みたいな部分に赤い色がついてた。

裏返す。
IMG_4077-1.jpg
だって裏側も見たいでしょ。うふ
指から腕まで登ってきたので、ぷりっと引き離したら死んだふり?して固まったのでいそいそ写真を撮る。
なんか意外とふつう…。
まあいいや、いっぱいムシを食べてください。目を離すと足早に草に登ってどこかへ去って行った。

夕刻ニイニイゼミを網戸の外に発見。
IMG_4079-1.jpg
やかましいからココでは鳴かないでおくれ〜
しばらく休んで静かにどこかへ飛んでいかれました。

そろそろ、虫天国だ♪

ホタル舞う

  • Day:2016.05.22 23:13
  • Cat:生物
いつの間にか1年も半年が過ぎようとして…。焦るわ〜

本日、我が家の庭?でホタルが2匹飛びました。
時間は20時ちょうど。
早速、カブに乗っていつもの行動範囲を偵察に。
まだまだどこも1〜2匹。これからが本番、さてウチにはどれだけ現れてくれるかしらん♪

ピント合ってないけど、ご休憩中の蛍さま。
IMG_3919-1.jpg
別のカットで。
IMG_3920-1.jpg

ところで、27日(金)は所用により精米所お休み致します。
31日は通常通りですので、よろしくお願い致します。

タマムシの産卵

  • Day:2015.07.19 16:35
  • Cat:生物
昨日は、やっと?夏らしくなり太陽のもとで人間はすぐにへばる暑さ…。

待ってましたとばかりに、さまざまな虫たちが乱舞。
(2〜3日前の夜には、北側の窓にくっついて弱々しい光を放つ、小さなヘイケボタルを見ました)

中でも群を抜いて美しいタマムシ。
IMG_3094-1.jpg
すぐそばにハンミョウが居ても玉虫の美しさには勝てません。
ぶ〜ん、ぶ〜ん。と庭を飛び回り、時折人間にも近づいてきたり。
1匹を追っていたら、どうも2匹いる、いや数匹いる様子。
ずっーと見ていても飽きませんが、暑さで脳天がくらくらするので遠巻きに観察。

どうも、玉切りして薪割りの台として置いている樫(かし)の木に「産卵」しているようです。
IMG_3112-1.jpg

最初は「おしりをふりふり」何をしているのだろうと思ってましたが、適当な溝が見つかると立ち止まりおしりの先端の管を挿入しています。
IMG_3107-1.jpg
この木が気に入られたようで、4匹が木の表面をくまなくまわりながら全体に卵を産み付けておりました。
IMG_3105-1.jpg
あっちへゾロゾロ。こっちへイソイソ。良いとこは無いかしら〜♪
IMG_3104-1.jpg

他の薪用の木(クヌギ、ネムノキ)にも、別個体がウロウロしてました。
タマムシ大発生の年なのです。
お日様ギラギラの7月中旬、今年産んだ卵は2年後に出てくるらしい、来年もまた見られるかしらん。