耶馬溪「青の洞門」に行ってみた!

  • Day:2017.04.05 12:19
  • Cat:観光
北九州へ行った帰り道、大分県中津市は本耶馬渓の青の洞門なる場所へ立ち寄った。
IMG_5227-1.jpg

イタリアの青の洞窟をまねてつくった名称かと思ったらさにあらず、この辺りの地名が「青」地区だから青の〜というようだ(そう思っていたのはワタシだけか…?)。「洞門」ていうのもなんだかピンとこない。洞門=洞穴(ほらあな)の入口より、隧道のほうが解りやすいように思う、なにしろ通り抜けできるのだから…。

なんでも、険しい山から山に架けた危うい橋から落ちて命をなくす事故が絶えず、それをみかねた禅海という奇特な方が重機のない時代、手彫りで隧道を掘ったものだとのこと。

なにしろ今から250年程も昔のことで真実は誰にも解らないはずだけど、手彫りの跡の残った隧道は様々に解釈されていて、小説の題材にもなったようで、その中で禅海和尚は人をあやめて改心して偉業を成し遂げた…みたいな内容らしく、現地の看板に書かれていたので、うっかり鵜呑みにしてしまった。

地元の人と話した際『この辺のひとは禅海和尚のことをあまり良い人だとおもっていない』といっていた。
だからして、ワタシの解釈は以下の通り。

禅海和尚は、もと越後の国の武士。25歳の頃出家。諸国巡礼の途中、危険な橋渡しをみて隧道を発案、藩に願い出たが着手してもらえず自ら掘ってみようと試みる。開削の日々では生活が出来ないうえに独りでは無理と判断して、青地区の住民に掘ってくれと頼み、自らは金策にまわる。藩策の仕事ではないため遅々として進まず30年余りもかかった(独りで掘ったからというのではなく)。地元人は働かされて、最後は和尚の手柄になっているから気分は良くないだろう。完成したあかつきには通行料をとったいうから和尚が業突く張りだったのではと疑いたくなった次第。現在は通行料も取らないし入道料(見物料)も取らないから素敵♪
(現在車道となっているのは重機で掘ったもの。手彫りは先端と終端しかみることが出来ない。342mと書かれていたが車道長のことか?)

ネットで検索してみたら以下に資料に基づいて書かれているであろう情報がちゃんとあった!
中津耶馬溪観光協会HPより↓
-------------------------------------------------------------------------
禅海和尚の手彫りのトンネル
江戸時代、荒瀬井堰が造られたことによって山国川の水がせき止められ、樋田・青地区では川の水位が上がりました。そのため通行人は競秀峰の高い岩壁に作られ鉄の鎖を命綱にした大変危険な道を通っていました。

諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚は、この危険な道で人馬が命を落とすのを見て心を痛め、享保20年(1735年)から自力で岩壁を掘り始めました。

禅海和尚は托鉢勧進によって資金を集め、雇った石工たちとともにノミと鎚だけで掘り続け、30年余り経った明和元年(1764)、全長342m(うちトンネル部分は144m)の洞門を完成させました。

寛延3年(1750)には第1期工事落成記念の大供養が行われ、以降は「人は4文、牛馬は8文」の通行料を徴収して工事の費用に充てており、日本初の有料道路とも言われています。

青の洞門は、明治39年から翌40年にかけて行われた大改修で、完成当初の原型はかなり失われてしまいました。
現在の青の洞門には、トンネル内の一部や明かり採り窓などに、当時の面影を残す手掘り部分が残っています。
-------------------------------------------------------------------------ここまで

ふむふむ、納得なのである。
「競秀峰」一見の価値あり、そそり立つ断崖は圧巻。どこにどんな橋が架かっていたのか想像しながら散策すると楽しかったし、良い運動にもなった。
IMG_5230-1.jpg

IMG_5231-1.jpg

IMG_5229-1.jpg

多くの僧侶が、こういう険しいところで修行を積んで洞で生活していたのかなぁ〜
IMG_5232-1.jpg

マテ貝堀り♪

  • Day:2017.03.31 17:27
  • Cat:観光
18日(土)豊前は北九州までマテ貝堀り行ってきました。

朝6時半出発、久住〜黒川〜道のえき玖珠〜耶馬溪を経由して行橋市9時半到着。
途中15分はコンビニでゆっくりしたので3時間ほど。相棒は狭い軽トラの運転席で身動きがとれずしんどそう…

最近は何事につけ、ゴリゴリ猟気分でなく、楽しく食べたい分捕れたらOKって感じに、変貌しつつあるワタシ
それでも2時間弱、4人で堀り捕り楽しんでたら、かなりの量になりました
IMG_5220-1.jpg
まだ、寒く海水温も冷たいので、貝も稚貝っぽく、殻がもろくサイズが小さかった。1ヶ月早いかな?
IMG_5218-1.jpg
で、こんな風にペットボトルの蓋に穴をあけて、精製塩(粗塩はサラサラしてないから詰まる)を、スキで砂をどかして出てきた穴目がけて投入!
IMG_5216-1.jpg
すると、塩分濃度が高くなって苦しいからか?恐る恐る頭を出すマテ貝。
すぐに頭をひっこめて、敵が居なそうだ!と再び頭を出した瞬間に掴み取る!
IMG_5217-1.jpg
Mさん夫妻の連携プレーは見事。
『砂の堀り方が肝よ!いっぱい居そうな場所を深めに斜めにバサッと砂をどかさなくちゃ相棒』
腰が痛いと食事もそこそこ(コンビニおにぎりを海上で立ち食い…ワタシは海からの帰りの車で食べる…)で奮闘
IMG_5219-1.jpg
Mさん宅、新設のドッグラン内、四阿にてBBQ〜♪
シンプルに海水蒸しにしていただきます。
IMG_5222-1.jpg
貝のあまみがめちゃ美味しいぃー!
お持ち帰りもたくさんさせてもらい、ご近所さんに食べていただきました(美味しいと好評でございました)

瓦そばをつくってもらい、おもむろに腹いっぱいになる…
IMG_5221-1.jpg
パリパリそばが美味しかった。牛肉の味付けも美味しかったよー。
6人と犬2匹。相棒とワタシは焼き鳥を仕込んできたので、焼いてます…
IMG_5223-1.jpg
ちゃっかりワンコがご着席。しっかり会話に入ってみんなと同じところを見ているところが笑えます
IMG_5224-1.jpg
変態話で夜が更けて〜
最後にTさんからスペシャルデザート。イチゴのケーキ美味しかったぁ〜。
ベロベロの相棒にはもったいないからワタシが8割食べちゃいましたよー。
IMG_5225-1.jpg
美味しいものいっぱい食べて、恐ろしく体重が増加した休日となりました。

佐伯湾クルージング&河津桜ウォーキング

  • Day:2017.03.05 18:07
  • Cat:観光
4時起床
(いつも通りの朝食を食べて)竹田5時45分出発
佐伯駅から1km程の停泊場に7時30分着(途中、コンビニにて小腹減り用にパンと飲み物を調達)
約70kmの距離を1時間半ほどで行ける計算。

Mさん所有の船にMさんの奥ちゃまと愛犬、我らものせてもらい、いざクルージング出発♪
P1080537-1.jpg
太陽も昇り春の陽気なのに、海風は冷たかった!
事前に『寒いので暖かい服装を』と教えてもらっていたので、万全の体勢?で海上からの景色を楽しめました!
P1080538-1.jpg
船の停泊場から沖へ。直線距離で20km程の蒲戸崎まで〜行くぞ〜
P1080539-1.jpg
あれぇ〜途中の景色は完全に撮り忘れ…

港で奥ちゃまと犬とワタシは降ろしてもらい、Mさんと相棒は釣りに、行ってらっしゃ〜い(期待してるわよ…)
それでは、のんびりおしゃべりウォーキング開始♪

おもむろに見つけた鳥居だけど、なんとなくスルー…
P1080541-1.jpg
まずは蒲戸崎展望台
P1080544-1.jpg
(写真を見るまで気が付かなかったけど…突き出た部分なんてあったかなぁ?)
展望台にはベンチと無料の望遠鏡が備え付けてありなかなか立派で、景色も申し分なく良かった。
P1080543-1.jpg
1時間程またりとしていたが、他に誰も訪れることはなかった…

河津桜を見ながらのウォーキングは、散り始めならぬ、葉桜も過ぎ、葉だけになった木が大多数で残念
P1080546-1.jpg
そのなかにも遅れて満開を迎えたものもあり、そこにたくさんのメジロが蜜を吸いに忙しく動き回っていた。
ぬらぬらと歩いて高浜海岸に到着
P1080549-1.jpg
船で釣り中の船長に電話すると30分ほどしたら、高浜の港に迎えに来てくれるとのこと。
公共のものではなさそうなベンチに腰掛けさせてもらい、そこでお昼を迎え2個目のおにぎりを食べる(1個目は展望台で)

Mさんの愛犬が(車の埃をとる茶色のモップのような)大きな猫をみつめる
P1080553-1.jpg
猫はうっとぉしそうにギロッと睨みをきかせる
P1080554-1.jpg
恐ろしい睨みに絶えきれず、頭をひっこめる。その繰り返しに、しばし癒やされる…
P1080558-1.jpg
おしゃべりに夢中になっていたので、少し慌てて港を見ると、船がやってきた。Good timing!
P1080559-1.jpg
私達もいそいそと港に向かい、昼になっても冷たい海風にあたりながら再びクルージング♪

豊後二見ケ浦の夫婦岩を海から望むなんて、誰でも体験できることじゃない〜うれし
P1080561-1.jpg

春のうららのまったりした休日を楽しく過ごすことができました。ありがとうございました!
歩いたようで、せいぜい3km位だったみたい…
釣果はまた。

宮砥工藝舎の春の工房展へ

  • Day:2015.05.02 10:19
  • Cat:観光
昨日は金曜日で「精米デー」だったにも関わらず『相棒が行ってきたら〜』っと言うてくれたので、洗濯とお風呂洗いをしてそそくさと、久々にエリミネーターに乗って一人お出かけ♪

初日で朝一番くらいのつもりで行ったけど、もうすでに結構な人が来てる、こんな山奥だというのに…
とにかくいろんな事、モノ、ヒトが集まってて、おもしろい♪
IMG_2869-1.jpg
↑写真は一番人が少ない瞬間を狙って?写したモノ。

早く行くとお得なことが色々。
まずは手作りこんにゃくを100円で購入!歯ごたえがよろしい
高木逸夫さんの作品、難ありとか書かれてましたけど工房展特別価格で購入!ほしかったけど手が届かなかったコーヒーカップを格安で、早い者勝ちよ、うふぅ。

今朝の朝食に、工房展で購入したパンかなスコーンかな?を食べる。
塩気が少し強く感じられた。ずっしりと重さがあって、いろんな穀物入りとレーズン・いちじくなどが入ったモノ。
IMG_2874-1.jpg
↑無風窯コーヒーカップは1つしか写ってないけど相棒用もある(もたもた写真を撮るので相棒は待て!状態)。

手作りの物ってイイなぁ〜、なんて今更しみじみ感じいる。
IMG_2867-1.jpg
言葉は見つけられないけど、イイ!
IMG_2865-1.jpg
「水力精米」で挽かせてもらっている無農薬栽培の竹田産 小麦粉が人気とのこと。どんどん売れていく〜
IMG_2864-1.jpg
挽いてるだけだけどうれしい♪

ワタシのような者には不思議だが、白い粉(ワタシらの言ってる1番粉)より、殻の混じった茶色の粉の方が人気があるそうな。
「白いものは悪」という考えが結構あるのか?
ちなみにこちらの小麦粉の白いのは漂白なぞしておりませんよ。単純に、殻は固いので、まず中心に近い柔らかい部分から粉になって行くだけのこと。殻に栄養が多いと思うから食べたいというのならふむふむ納得しよう。

--------------------------
開催期間・時間・場所:
2015年5月1日(金)〜5日(火)9時〜16時まで
竹田市次倉4459-1 旧宮砥小学校2階
--------------------------
行ってみてくださーい!

宮砥工藝舎GW「春の工房展」開催中6日まで

  • Day:2014.05.02 01:28
  • Cat:観光
竹田市の旧宮砥(みやど)小学校を利用して、毎週陶芸教室&機織り教室など、様々な体験・ワークショップなどを定期的に開催している宮砥工藝舎さんの春の工房展(今年で3回目)が開催中です。

まずは、ぱたんこ屋さんが「機織り体験(要予約です)」1,000円で教えてくれます。
いつも大人気♪遠くからも習いに見えてます。
そして、陶芸家の高木逸夫先生が「お皿絵付け体験」こちらは予約不要で同じく1,000円で教えてくれます。
P1070451.jpg
お皿の大きさは3種類(大1,500円だったかな・中・小は2つで1,000円)から選べます。
筆を使って、呉州(ゴス)という墨汁みたいな黒1色の濃淡で表現します。
素焼きのお皿に描ため墨汁みたいな呉州がしみ込むので、描き直しは出来ません。
描き終えたお皿は後日、窯で焼いてくださります。
作品は送ってもらうか、陶芸教室に学びにくるか、宮砥工藝舎さんのオープン日に遊びに行くなどして受け取ることができます。

実は体験してみたくなって昨夜、何描こう?って懸命に考えました。
当日を迎え、お皿を前にすると頭の中は真っ白…。
P1070452.jpg
う゛ぁー。お恥ずかしながら残念なお姿しかお見せできません、なぜか水力精米…宣伝?。

その他、
竹田在住(和紙・木工芸・竹工芸・布小物・陶芸など)や大分(アクセサリーとカバン)の作家さんの作品を展示・販売していたり、
P1070456.jpg
雑誌でも取り上げられていた竹工芸作家の方のお品などは1日目で完売してしまったらしいです。

またチラシ・パンフレットなど地域の情報が手に入る、教えてもらえる楽しい所で〜す。
お客さんがいない隙を狙ってシャッターを押したなのにウヒヒ!最高のショットでした(この写真を撮っている私がぱたんこ屋さんのブログにのっているハズ)
P1070453.jpg
それに、ハチミツやコーヒー豆が売っていたり、何かあります。
それと、おいしいコーヒーも飲ませてもらえます(笑)。
とにかくいろんな人と出会えて楽しい楽しいぱたんこ屋さんの春の工房展なのです。
私は毎年行ってます!ぜひ行ってみてくださ〜い。

今回初めの企画(足裏マッサージ)に予約をして、本格「若石健康法」足裏マッサージをしてもらいました
なんとお試し1,000円です!しかも片足30分両足で1時間。足が軽〜くなったぁ。
P1070457.jpg
こんな気軽な感じでしてくれるけど、真剣にひとつづつ説明しながらしてくれる、素敵な方です。

私、実はいろいろ体に問題を抱えておりまして、自分である程度自宅でできるように真剣に見て聞いて参りました(あんまり覚えてない…)。
実際この「若石健康法」足裏マッサージというのは、誰もが平等に健康を保つことができるように、多くの人に広めることを目的にしているとのこと。

7年くらい前に香港へ行った時、歩き疲れて目に入った足裏の看板に思わず飛び込み、本当に足が軽〜くなって『こりゃ良かった』と思ったのに、その後一度もしてもらったことはなく今日に至っていたわけだけど。
それが、家に戻って久しぶりに重い物を運ぶことが出来るようになっていたし、結構普通に歩くことも出来るようになってるぅ〜。涙;
★そして、夜お風呂に入って足裏を触ったら、自分の足じゃないみたいに柔らか〜い。うふ
おまけに毎日カッチカチに張っていたふくらはぎも柔らかくなっていて(←これが重要なんだそうです)『こりゃー最高』と感激しているのでございます。
どんなものも合う合わないはあると思いますが、副作用も無いし、我慢できないほど痛いことも無いし、ゆったり座っているだけで、こんな気分が味わえるなら最高です。
期間中、毎日要らしてます。マッサージをしてもらうなら予約が必要です。空きがあるかは不明。

工房展の詳細は、ぱたんこ屋さんがブログをしてます→http://patancoya.com/dadada/こちらからどうぞ