2017年小麦

成長していく過程が感動的なのだけど…昨年ほど写真を撮らなかった。ということは、かなり放任だったということだけど、今年もあと1週間ほどで収穫できそうな感じです♪

昨年(2016年)暮れ、家の前の畑に小麦の種(ミナミノカオリと地粉)を蒔く。
2016年12月3日
IMG_4879-1.jpg
紐をはり(風でなびいて全然まっすぐに蒔けず、叱られる…)1列に250gの種を手でパラパラとだいたい均等?に蒔く夕方までかかり、真っ暗に。今思い出しても、腰が痛くて寒くてしんどかった〜。
※ミナミノカオリ:20メートル×12列、種3kg(昨年は15m位だったかも×8列、種2kg)
※地粉:20メートル×4列、種1kg(我らにはパン用の粉の方が魅力的なので半分に減らし、パン用を増やした)

前年はワタクシが種を蒔き丁寧に土をかける作業をしたが、今年は相棒がテキトーに土かけをしたので種がそこら中で剥き出しになっていた。
翌朝みると数匹のカラスが畑に…やけに集まってくる。
畑が陽当たりよくて暖かいんじゃね?とかいって意味不明だったが、のちに種をついばんでいることが発覚!
のーてんきな二人だったのです

そこで、相棒がクワで2列ほど土をかけはじめたが『厚盛りになるし、しんどいでしょうからやめよーょ』で、麦の穂を草刈り機で細かく刻んでばらまき、目くらまし作戦!
5日もたって12月8日 一念発起したのです
IMG_4886-1.jpg
真ん中のオブジェももちろんカラス避けに効果抜群(のハズが全く気になさらないようで…)この後も土が見えることを狙ってたくさん飛来して来たのでした
IMG_4887-1.jpg
『できしこ、できしこ〜』とか二人でいいながら♪(大分のこちらの方言で、あきらめ半分、出来ただけでもう仕方ないって感じ)

1月5日麦踏み、主に相棒が何回かしてくれました。ワタシは腰が悪いとかでほんの2回12列ほど踏んだだけ〜
IMG_4977-1.jpg
全然生えてない所がありますね〜。ほんとはかなりショックですが、できしこ〜

途中は地味〜なので割愛!(写真がないだけですが…)
4月18日 立派に育って風になびいて美しい♪
IMG_5322-1.jpg
同じく4月18日 穂が出てきたことを発見したので、写真を撮っていたのです
IMG_5324-1.jpg
がんばれ〜

5月2日 ここまで実っているのです
IMG_5377-1.jpg
こうご期待

近況報告

  • Day:2017.05.21 12:46
  • Cat:生活
更新を怠り、ブログのことも忘れ、パソコンも立ち上げず、メールすら思い出した時にみる。
そんな、どっぷり世捨て人的生活を送っております。

近頃は寝る前に枕元に置いた手帳に『本日した農作業など』を書き、iphoneで撮った記録と照らし合わせ、翌年の助けになるよう努めている次第です。

ブログの閉鎖も考えるところですが、後から見返すのもおもしろいものなので、まぁ出来るときだけでもしようと思いますので、気長におつきあいくださいませ。
-------------------------------------------------------

さて、まず第一に皆さんからよく聞かれます「フュージョンのその後」ですが、結論だけ申しますとエンジンはかかっておりません。バイクのことは後回しの後回しで、じっくり検証していないのが実際のところです。祝・始動、ツーリングなどしてきましたら、ご報告したいところです。

次に聞かれますのは「家はもう出来たか?」ですが、風呂・洗面所・居室・台所の順に一応生活できるところまで、最近はそれ以上の快適さも求めて相棒に棚を作ってもらったりなどして愉しんでおるところですが、肝心の「はばかり」がまだでして、一月ほど前からようやく着手したところです。

蚊の大発生を目前に控え、先日人生初、汲み取り作業に立ち会い、バキューミング事情を知った次第です。
前回、申し込んだ時は、我らが居ない間にひっそり抜きさらわれ、後には振り込み先と支払い金額が書かれた黄色い紙が1枚投函されていただけでした。今回はうん良く居りましたので、根掘り葉掘り色々聴き取り出来、大満足の1日となりました。
ちなみに、340リットル3148円(税込み)という結果でした。前回の記録が無いとなんの役にも立たないけど一応。
我が家のそれは「紙」は投入せず、なので見た目は大変うつくしい。底にはバキュームでは吸えないという土化した汚泥が残されたのが、心残り…。


で、今は専ら「田んぼ」な毎日。
田んぼに水を入れ、畦をつくり、耕耘し、平らにならし、水の出入りを調整し、草を刈り、田植え(手植え)をし、耕耘機のメンテナンス&清掃をしたりと目覚めから夕方まで田んぼにことばっかり…美味しいお米を食べるため、頑張るのです。

去年まで作らせてもらっていた田んぼは基盤整備に入るため今年から出来なくなった分、3枚田の下と横、2枚併せて昨年と同じ位の広さの田んぼを新たにすることになり、水の出入の場所確認から畦を作ったり周辺環境を整えたり、軽トラも入れない作業道に難儀して先日、とうとう、耕耘機を落とし、相棒はハンドルが胸にあたり打撲、その程度で済んで良かった。
IMG_5454-1.jpg

小麦は今のところ順調に成育中。
IMG_5426-1.jpg

その他、野菜は草と格闘しながら息絶え絶え?に微妙な状態です。

その他野菜:
【順調】トマト、キュウリ、シシトウ、ピーマン、サトイモ、ラッキョウ(今年収穫できるかは?)、落花生(苗ポット)
【瀕死】ナス、スナップエンドウ(あまり良いできではなかった)
【微妙】ショウガ、アスパラガス、テンジク、ジャガイモ、タマネギ(今年は玉が小さくて少量)
【変わらず系】ニンニク、ニラ、長ネギ、ミョウガ(昨年は全く取れず?取らず、どうなるか?)

★サクランボは移植後、大きく成長し花もつけた。実もなったが、赤くなりかけて、気がついた時には姿形が無くなっていた…ので口には入らず(アリが群がっていたのを見た)
★梨は新高の実生、移植し機嫌良く定着している様子。春に花を咲かせたが、結実しなかった…
IMG_5303-1.jpg
★ブルーベリーは今年もたくさん食べられそう♪
★イチジクはだいぶ、木食い虫にやられた。どうせたいして食べられないのよ…(鳥やら獣やら蟻にやられっぱなし)
★クレソンは恐ろしい勢力なので、少し残してほぼ撤去。残りもカブラハバチの幼虫に喰いまくられている。


ホンダ初代フュージョン”エンジンがかからない”

  • Day:2017.04.06 17:08
  • Cat:生活
1年以上も前から『あげる』といわれていたバイクを先日引き取りに行ってきた。

ホンダのフュージョン250cc
『え〜そんなもらえないですよ〜』と言っていたのだが、数日前ばったり会って『取りおいで』と、またしても言ってもらったので、それならばと。
170kgもあるのでタイヤがついていても、荷台に載せるは結構大変で、なるべくラダーが水平になる場所で無事積み込み家に帰る
IMG_5257-1.jpg

ネットで車体番号から販売年・型式を調べると、なんと!初代であると判明…
HONDAのHPから1986年のニュースで詳細を確認↓
http://www.honda.co.jp/news/1986/2860411f.html
コンクリート敷の屋根囲い付き車庫の中で、毛布やらに厳重にくるまれて保管されていたバイクはかなりきれいで、そこまで古いとは思いもよらなかった…

何年か前まで乗っていたということで、不動車ではないハズ…
1. バッテリーは外してありすでに無かったので、電柵用に購入しているバッテリー(アンペアは大きいが)をブースターケーブルでつなぎ
2. ガソリンもエンプティでランプが点滅していたので3リットル超入れ
3. センタースタンドを立てて(サイドスタンドは上げて)
4. フットブレーキを踏みながら
5. セルスイッチをONにして
セルを押す!
「キュルキュルキュルキュルキュー」とはいうものの、エンジンが始動しない…。

1. メータランプやらウインカーとかは点灯してる
2. ヒューズも切れてないか確認した
3. プラグも抜いて見たけど問題ない
4. ホース類は劣化して交換の必要があるけど直接の原因ではない

でも、メータ類が点いた時にきこえるはずの『ジー』という電気が通ったよ〜みたいな音が聞こえない
タンク内のサビも気になるけど、相棒は関係ないというし…

どうも、タンクに入ったガソリンがエンジンに送られていない感じぃーー
動いてくれないと困るわ〜
置く場所無いし、不動のエリミも修理しなくてはならないのにぃ

誰か〜助けて〜どうすれば動くの???何が悪いの?教えてください

耶馬溪「青の洞門」に行ってみた!

  • Day:2017.04.05 12:19
  • Cat:観光
北九州へ行った帰り道、大分県中津市は本耶馬渓の青の洞門なる場所へ立ち寄った。
IMG_5227-1.jpg

イタリアの青の洞窟をまねてつくった名称かと思ったらさにあらず、この辺りの地名が「青」地区だから青の〜というようだ(そう思っていたのはワタシだけか…?)。「洞門」ていうのもなんだかピンとこない。洞門=洞穴(ほらあな)の入口より、隧道のほうが解りやすいように思う、なにしろ通り抜けできるのだから…。

なんでも、険しい山から山に架けた危うい橋から落ちて命をなくす事故が絶えず、それをみかねた禅海という奇特な方が重機のない時代、手彫りで隧道を掘ったものだとのこと。

なにしろ今から250年程も昔のことで真実は誰にも解らないはずだけど、手彫りの跡の残った隧道は様々に解釈されていて、小説の題材にもなったようで、その中で禅海和尚は人をあやめて改心して偉業を成し遂げた…みたいな内容らしく、現地の看板に書かれていたので、うっかり鵜呑みにしてしまった。

地元の人と話した際『この辺のひとは禅海和尚のことをあまり良い人だとおもっていない』といっていた。
だからして、ワタシの解釈は以下の通り。

禅海和尚は、もと越後の国の武士。25歳の頃出家。諸国巡礼の途中、危険な橋渡しをみて隧道を発案、藩に願い出たが着手してもらえず自ら掘ってみようと試みる。開削の日々では生活が出来ないうえに独りでは無理と判断して、青地区の住民に掘ってくれと頼み、自らは金策にまわる。藩策の仕事ではないため遅々として進まず30年余りもかかった(独りで掘ったからというのではなく)。地元人は働かされて、最後は和尚の手柄になっているから気分は良くないだろう。完成したあかつきには通行料をとったいうから和尚が業突く張りだったのではと疑いたくなった次第。現在は通行料も取らないし入道料(見物料)も取らないから素敵♪
(現在車道となっているのは重機で掘ったもの。手彫りは先端と終端しかみることが出来ない。342mと書かれていたが車道長のことか?)

ネットで検索してみたら以下に資料に基づいて書かれているであろう情報がちゃんとあった!
中津耶馬溪観光協会HPより↓
-------------------------------------------------------------------------
禅海和尚の手彫りのトンネル
江戸時代、荒瀬井堰が造られたことによって山国川の水がせき止められ、樋田・青地区では川の水位が上がりました。そのため通行人は競秀峰の高い岩壁に作られ鉄の鎖を命綱にした大変危険な道を通っていました。

諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚は、この危険な道で人馬が命を落とすのを見て心を痛め、享保20年(1735年)から自力で岩壁を掘り始めました。

禅海和尚は托鉢勧進によって資金を集め、雇った石工たちとともにノミと鎚だけで掘り続け、30年余り経った明和元年(1764)、全長342m(うちトンネル部分は144m)の洞門を完成させました。

寛延3年(1750)には第1期工事落成記念の大供養が行われ、以降は「人は4文、牛馬は8文」の通行料を徴収して工事の費用に充てており、日本初の有料道路とも言われています。

青の洞門は、明治39年から翌40年にかけて行われた大改修で、完成当初の原型はかなり失われてしまいました。
現在の青の洞門には、トンネル内の一部や明かり採り窓などに、当時の面影を残す手掘り部分が残っています。
-------------------------------------------------------------------------ここまで

ふむふむ、納得なのである。
「競秀峰」一見の価値あり、そそり立つ断崖は圧巻。どこにどんな橋が架かっていたのか想像しながら散策すると楽しかったし、良い運動にもなった。
IMG_5230-1.jpg

IMG_5231-1.jpg

IMG_5229-1.jpg

多くの僧侶が、こういう険しいところで修行を積んで洞で生活していたのかなぁ〜
IMG_5232-1.jpg

マテ貝堀り♪

  • Day:2017.03.31 17:27
  • Cat:観光
18日(土)豊前は北九州までマテ貝堀り行ってきました。

朝6時半出発、久住〜黒川〜道のえき玖珠〜耶馬溪を経由して行橋市9時半到着。
途中15分はコンビニでゆっくりしたので3時間ほど。相棒は狭い軽トラの運転席で身動きがとれずしんどそう…

最近は何事につけ、ゴリゴリ猟気分でなく、楽しく食べたい分捕れたらOKって感じに、変貌しつつあるワタシ
それでも2時間弱、4人で堀り捕り楽しんでたら、かなりの量になりました
IMG_5220-1.jpg
まだ、寒く海水温も冷たいので、貝も稚貝っぽく、殻がもろくサイズが小さかった。1ヶ月早いかな?
IMG_5218-1.jpg
で、こんな風にペットボトルの蓋に穴をあけて、精製塩(粗塩はサラサラしてないから詰まる)を、スキで砂をどかして出てきた穴目がけて投入!
IMG_5216-1.jpg
すると、塩分濃度が高くなって苦しいからか?恐る恐る頭を出すマテ貝。
すぐに頭をひっこめて、敵が居なそうだ!と再び頭を出した瞬間に掴み取る!
IMG_5217-1.jpg
Mさん夫妻の連携プレーは見事。
『砂の堀り方が肝よ!いっぱい居そうな場所を深めに斜めにバサッと砂をどかさなくちゃ相棒』
腰が痛いと食事もそこそこ(コンビニおにぎりを海上で立ち食い…ワタシは海からの帰りの車で食べる…)で奮闘
IMG_5219-1.jpg
Mさん宅、新設のドッグラン内、四阿にてBBQ〜♪
シンプルに海水蒸しにしていただきます。
IMG_5222-1.jpg
貝のあまみがめちゃ美味しいぃー!
お持ち帰りもたくさんさせてもらい、ご近所さんに食べていただきました(美味しいと好評でございました)

瓦そばをつくってもらい、おもむろに腹いっぱいになる…
IMG_5221-1.jpg
パリパリそばが美味しかった。牛肉の味付けも美味しかったよー。
6人と犬2匹。相棒とワタシは焼き鳥を仕込んできたので、焼いてます…
IMG_5223-1.jpg
ちゃっかりワンコがご着席。しっかり会話に入ってみんなと同じところを見ているところが笑えます
IMG_5224-1.jpg
変態話で夜が更けて〜
最後にTさんからスペシャルデザート。イチゴのケーキ美味しかったぁ〜。
ベロベロの相棒にはもったいないからワタシが8割食べちゃいましたよー。
IMG_5225-1.jpg
美味しいものいっぱい食べて、恐ろしく体重が増加した休日となりました。